有給をとってディズニーシーへ!

先日、有給休暇をとってディズニーシーに友人と一緒に遊びに行ってきました。

夜の23時から出発して車で5時間かけて、朝方に着きました。

 

久しぶりのディズニーはほんと楽しかったなー♪

朝早く行った甲斐があってお目当てもパイレーツオブカリビアンのショーは、ずぶ濡れになるゾーンの一番前を取ることができました。でも4時ごろからゲート前で並んだのでゲート前を確保できました。

走っちゃいけないけど、早歩きで目的の場所に!!

 

天気はあまり良くなかったのですが、逆に待っている間熱くもなく快適に過ごすことができましたよ。例年なら暑くて飲み物を飲んでいないと待っていられない状態ですからね。

パイレーツオブカリビアンのショー今年は水の量はすごかったという印象、服はもちろんパンツまでびしょ濡れになってしまいました。

でもやっぱり楽しかったなー。みんなで盛り上がれたし、海賊の人もやっぱりかっこよかった。迫力もあったし最高ですね。

 

今回は、休日に来たのでいつもより人が多かったですね。センター・オブ・ジ・アースも2時間待ち…トイストーリーマニアも90分待ちといつもより多くアトラクションには乗れなかったけど、ファストパスをうまく取ることができたのでそんなに待ち時間もなくアトラクションを楽しめたのは良かったかな。

 

閉園の時間までいたので、楽しかったけどほんと疲れましたね。

一年に一度の楽しみってやつですね。

ホテルに帰ってベットに横たわったら即寝ちゃいました。

 

友人と夜喋ることもなく二人ともです。

 

朝起きたら、歩き疲れていたのか、足がパンパンでしたね。日頃の運動不足がこんなところでも出てきてしまっているんですね。

帰りは、東京をちょっと観光♪

 

あまり行くところもなかったのでとりあえず表参道にいってブラブラしてきました。やっぱり東京っておしゃれですね。

 

また、こんな感じで来年も来れたらなーなんて思っています。今回の有給は気分的にはかなりリフレッシュされました。

髪の毛のボリュームで悩んでします。

私は、もともと、髪が硬すぎず柔らかすぎず、また太すぎず細すぎずという、普通くらいの髪質でした。直毛なので、くせで悩まされることもなく、髪の毛に関して大きな悩みは今までありませんでした。

ところが、半年ほど前からあることで悩むようになりました。

 

それは、髪の毛のボリュームが出づらくなってしまったことです。頭頂部の方がぺたっとなりやすくなってしまったのです。年齢とともに髪の毛がやせてきて、ハリコシがなくなってきたからだと思います。

 

ハリコシがなくなるのを人ごとだと思っていたので、まさかこんなに早く自分がハリコシがないことで悩むとは思っていませんでした。自分ではどうしたらいいかわからなかったので、いつも行っている美容院の仲のいいスタッフさんに相談をしました。

すると、まずシャンプーを変えることを進めてもらいました。

ハリコシを与えて髪をしっかりさせるシャンプーです。またトリートメントも同じ種類のものを勧めてもらいました。そして、髪の毛の乾かし方によってもふんわりさせることができると教わりました。その2つを実践しています。シャンプーやトリートメントに関しては、使って三カ月ほどで、少し効果が出てきた実感があるし、乾かし方によっても全然違うので、このまま続けていこうと思います。

でも、年齢を重ねると肌だけでなく髪もだんだんと弱くなってくるんですね。もうすこしあとに来るかも侮っていたらこの年齢で来てしまいました。今までヘアケアをしてこなかった分、この感じになっていると思います。

 

もうすこし早くヘアケアをしておけばそんなに悩まずに済んだのかなさえ思っています。ある程度の年齢になったらヘアケアをしなくてはいけないんだなと…。これ以上悪くならないようにはしていきたいものですね。

股ずれの悩みについて

最近の悩み…

ずっと仕事が忙しくてなかなか運動もできない状態になっています。仕事のストレスなどもあって昼休憩などにも常に何かしらものを食べているような気がします。

そんなこともあってここ一年で体重が7キロも太ってしまいいつも履いているデニムパンツやコットンパンツの太もも部分がキツキツになっているのは自分でも自覚してだしてきました。

 

なんとか履くことができて不便していなかったので相変わらず無理をしながら履き続けごまかしていましたが…。

 

ところが先日洗濯をしたデニムパンツを干そうとしていたら、股の部分が擦れていて生地に穴があきそうなぐらいに薄くなっているのを発見したのです。最初は、それがなんなのか判断できなかったのですが、よく考えたらそれはまぎれもない股ずれによる生地の擦り切れ状態だったのです。

 

しかも、もしやとおもって自分の太ももの内側をチェックしてみたら、なんと見事に股ずれを起こしていて皮膚が赤くなっており、さらにカサカサ状態に乾燥していました。幸い夏前にこの状態に気づいたのでセーフでしたが、きっと夏に汗をかいていたら、この股ずれ部分は間違いなくヒリヒリと汗にしみて大変なことになっていただろうと想像できました。

 

とにかくこの股ずれをなんとかしたいと思いましたが、思いつくのは、ダイエットするしかないということだけでした。このままでは何本もデニムパンツやコットンパンツをダメにしてしまうと思い、とりあえずはズボン類は痩せて股ずれしなくなるまでお預けにしました。

 

今、まさに必死に股ずれダイエットしているところですが、たまったセルライトの内ももの肉というのは本当に簡単には落ちてくれないのでモチベーションがどこまで維持できるかどうか自信がありません。

坐骨神経痛は筋肉のこりから!?

私が坐骨神経痛になったのは、昨年末、県外での引越しで荷物の整理や物件探しなど多忙が落ち着いて引越し先で一足遅い新年を迎えたある日、激痛はやってきました。

きっかけは多忙な年末で腰痛に悩まされていたのですが、湿布でごまかしながらそのうちに治るだろうと高を括っていました。

生活も落ち着き始めてもなかなか腰痛は収まらず、次第に右の骨盤から膝にかけて徐々に痛み出し、ある朝起きようとした瞬間、右足に激痛が走りました。

まだ新し土地で知り合いも少なく、相談できる人がいませんでした。
そこで、インターネットで坐骨神経痛 愛知県 名医で検索をしていろいろと調べることにしました。どの病院がいいのわからなかったので、迷っていた時に以前腰痛が悪化し通っていた整骨院の先生に言われたアドバイスを思い出したのです。

「あなたはお尻の筋肉がとても凝っている。これが腰痛の原因だよ。ストレッチや運動を生活に取り入れて筋肉の凝りをほぐしてごらん。腰痛が治るから」

その先生は、有名なスポーツマンや、全国から腰痛で苦しむ人が通うほど有名な整骨院で、根本的な治し方を施してくれることで有名でした。

まずはその時に教わったストレッチからやってみました。激痛で1回やるのも大変でしたが、治らないと家事も仕事どころか、基本的な動作もあやういくらい痛かったのです。

これでは足りないかもしれないと、坐骨神経痛に詳しい病院のサイトから自分の症状に効果のありそうなストレッチを5つほどピックアップして新たに始めました。

毎日必死に続け、夜は痛みでほとんど眠れない日々を2か月過ぎたあたりから、痛みがほんの少しずつ和らいできているのを毎日実感できるようになりました。

これなら完治できるかもしれない。そう信じてさらに毎日ストレッチを続けて3か月を過ぎたころ、念願の坐骨神経痛はなくなりました。

嬉しくて涙が止まりませんでした。今でもそのストレッチは続けていおり、また筋トレも取り入れて足腰の筋肉を鍛え、坐骨神経痛の再発予防を心がけています。

まさか自分が、って思っていました坐骨神経痛をストレッチで治すことができた体験談でした。

日焼けをしたくない

30代といえばまず回復力が遅くなってきたことを実感する頃だと思います。美容面に限らず風邪が治りにくくなった・傷が治りにくくなったなど誰にでも経験があるのではないでしょうか。

肌にも同じことが言えます。例えば仕事や飲み会などで遅くなってしまった日についついうっかり化粧を落とさないで寝てしまったり、外出で長時間に渡り紫外線を浴びてしまったりした日など、化粧のノリの悪さが数日間に渡って続きます。またクマ・くすみ・大人ニキビなど簡単にできてしまいます。そして簡単には治らないのです。私の場合はどれもできやすくどれも治りにくいように思います。眼鏡をかけていますが肌にあたる部分が黒ずんできたことも20代にはなかったことでした。

そしてこれから夏が来ます。春から紫外線の強さはニュースや知人との話題で耳にする機会が多くなりました。私はこちらもまた人一倍焼けやすく人一倍顔が黒くなります。人よりも黒くなりやすいこともまたコンプレックスでありました。現在外回りをしており日焼け止めをつけサンバイザー・マスク・フード付き長袖・手袋となかなか怪しい風貌で自転車をこいでおりますが、それでも日に日に肌が黒くなっていくことが1番の悩みです。

もういい加減日焼けをしてしまうと取り返しのつかないことになってしまうので、なんとかいい方法はないかと調べ中です。今やっていることよりもいい方法ってなかなか見つからないんですよね。

いっそうのこと外回りをやめるとしか解決方法はないかもしれませんね(笑)

 

2週間旅行気分で過ごした合宿免許の思い出

私は、短大に通ってた19歳の夏休みに、静岡県へ合宿免許を取りに行きました。友達と2人で行ったんですが、観光地なので、旅行気分で2週間過ごしました。
駅も近く、ホテルはとても綺麗で、友達と2人部屋でした。自動車学校は近くにあるバス停から送迎が出ていました。バスに乗って、山道を上ってしばらく走ると自動車学校があります。先生は、見た目怖い先生もいれば、優しい先生もいて、様々でした。2週間しか時間がないので、学科も実技もビッシリ予定が詰まっていました。

路上講習は、山道を上ったり下ったりして、普段走らなそうな道を走行して、貴重な体験ができました。
高速道路のシミュレーションもやりました。ゲームセンターにある、運転するゲームみたいな機械で、高速道路を運転しました。これはゲーム感覚で面白かったです。

学科は練習用のテストがあり、友達は合格点を余裕で取れており、私は点数ギリギリでヒヤヒヤしていたのを覚えています。
そして、オフの日は、近くの海へ海水浴に行きました。学校の先生に教えてもらったお寿司屋さんに行ったり、花火大会に行けたり、旅行に来ているみたいで本当に楽しい2週間でした。

不安だった実技もクリアして、無事に友達と2人で帰ることができました。

合宿免許は、地元の自動車学校と違って自分の家の近所を走ったりしないので、帰ってからの運転が不安でしたが、免許の試験が受かれば自信を持って家の近所を運転できました。そして免許取ってから、一度、友達と一緒にお世話になった自動車学校へ車で行きました。先生にも挨拶できて良かったです。

あー、あの頃を思い出すと静岡で合宿免許をした2週間ってほんと楽しい時間だったなーって思います。わたしの人生の中でもかなり思い出に残る時間だったのではないでしょうか。その後も、この自動車学校の先生とも時々連絡を取ったりしているので出会いって大切だなって思います。

今でのお世話になった教官にはほんとに感謝をしています。また、今度遊びにいこうかな(笑)

私が冷え性で悩んでします。

いつ頃から冷え性になったか憶えてませんが、気付いたら冷え性になっていました。

いろいろ考えるけど原因は何なのでしょうか?

遺伝ではないと思いますが・・私のお母さんは冷え性ではないので。

冷え性だと便秘にもなるとよく聞きます。血行が悪いのが一つの原因なんですかね。一番辛いのは、この時期でも布団に入って寝ようとしても足が冷たくて全然眠れないことなんです。

靴下履いたら良いのでは?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、全く意味がないのです。

私の場合は、冬場だけでなく夏でも足や手が冷たいのは本当に嫌です。

とくに仕事をしているときクーラーがかかっていると、仕事中にガタガタしながら仕事をしています。なにかかけていないとほんと仕事になりません。

夏場でもしっかりとお風呂に入るとしばらくはポカポカしているので、のぼせるくらい長湯になっています。

フローリングは足がキンキンに冷えるので、本当は床暖房のお家に住みたいですよね。

 

まぁ、そんな贅沢できないですけど・・

 

あーほんと冷え性をどうにかしたいです!!!

くすみ、しわ、そして目の下のクマ!疲れた肌を癒してつるつるに

 

20歳の若い時は、肌がくすんだり、しわになるっている感覚がどんなことなのかまったく想像ができませんでした。そう、ほんとこの頃の私はまったく「くすみやしわ」になるなんて思ってもみなかったんです。28歳ぐらいアラサー付近になってきた頃から徐々にあれなにこの肌の違和感って、加齢によってくすんだ状態を自覚したのはちょうど30歳の年でした。このころには自分の肌が老化して言っていることがわかりショックを受けていました。

仕事そして家事などで忙しい毎日で疲労がたまってくると、決まって顔色が悪くなり肌のトーンがワントーン低くなったんじゃないかなってくらいになるんです。そのような状態になっているときは肌の新陳代謝が乱れており、肌の回復が弱まっている証拠なのだそうです。

そうやって疲れがたまってくると決まってマッサージをしてほぐすようにしています。

顔のマッサージをすることによって血のめぐりを良くします。これだけでも多少の乾燥が改善したり、古い角質がとれて、しっとりツルツルの肌をキープできます。

また、顔のリンパを「マッサージによって余分な老廃物を除去することで血液の流れが良くなり、ボタっとした顔全体がすっきりとしてような気分になります。

そんなことをしている私ですが、40歳に近づくにつれて新たな悩みが…そう『目の下のクマ』これがひどくなってきたんです。今ではクマに効くクリームを買ってなんとか対処していますが、なにもしない当初はほんとひどい状態でした…

年齢を重ねるにつれてどんどんと肌は老化をしていきます。肌を活性化するためには滞った血行を促し肌の新陳代謝を高めて、化粧品の有効成分をしっかりと肌に送り込むようにして少しでも肌状態をキープしていかなければいけませんね。。

黒ずみがこれがお肌の曲がり角と実感してきました。

 

30歳がほんとあと数ヶ月と目前になり、だんだんとお肌の調子が変化し始めたことを実感し始めまています(´・ω・`)

いつのころか徐々になんか変だなって思っていたのですが、ここ最近はその変化に驚くぐらいです。

特に、風呂上りにする化粧水の量が半端ないほど多くなりましたね。

今までは、少量でも大丈夫でしたし、さっぱりタイプの化粧水でも潤っている感じがありましたが今は違います。

ほんとまったくといっていいほど・・・・

今の状態はさっぱりタイプの化粧水をつけても全然潤ってくれません。

肌はかっさかさのままで、とくにくるぶしにも黒ずみまで出たりしています。

かさかさしている部分に何回つけても水分が足りない感じでもっと、もっと水と肌が言っているようにどんどん吸いこんでいっているようです。

だから、今はクリームとしっとりタイプの化粧水の両方を何度も何度もつけて練りこむような感覚でいつも体を保湿しています。

それでも満足できないので、さらに乳液を塗りますが数時間後は乾燥しているような感じがありどうしたらいいか迷っているくらいです。

サンプルで1回分と記載している化粧水の量は少ないと感じるほどなんです。

二十代前半だったころは、ほんと1回分の半分でも潤っていたはずなのに、この変わりようにはびっくりです。

あのころに戻りたいなーなんて思っているのですが、もうこれ以上は悪化させたくないという思いも強いのでこれ以上かさかさにならないようにしっかりと保湿をしていきたいです。

これから徐々に年齢を重ねるにつれてこういった肌の悩みと付き合いながらきれいな女性であれるように日々努力ができればと思います。

そう、私のあこがれの安室奈美恵ちゃんのようにo(^▽^)o

けど、こんなにスキンケアをしているんだけどその割には終日は皮脂まみれのテカテカになるんですよね。

でも、こればっかりは昔からの体質なのでなかなか改善されないですね。

 

わたしの人生を変えた本

某ホテルで働いているアラサー女子です。

30歳という年齢が近づいてくるにつれて思うことがあって人生の転機だったことを書いてみました。

私は20歳前後の頃人生に悩んでいました。
専門学校に通っていたのですが、なかなか馴染めずに辞めたいと思っていました。私はホテルの専門学校に通っていました。元々英語が好きで英語を生かした仕事をしたいと思っていたのが理由でした。しかしホテルでアルバイトをしていたのですが、なかなか大変で上手くいかないことも多くこのままホテルの道に進むことに悩んでいました、そんな時に図書館である本に出会いました。

内館牧子さんの夢を叶える夢を見たという本です。本の題名にそそられて私は読み始めました。この本は一言で説明すると夢に向かって飛んだ人飛ばなかった人、諦めた人諦めなかった人にリアルな体験が描かれていました。実在する人の本当の話なので説得力がありました。

そこにはそれぞれの後悔したことややってよかったことなどが書かれていました。

人生に成功した人の話はよく聞きますが失敗して後悔している人の話はなかなか聞けないので、ものすごくためになりました。

私はそこで読んだ諦めて後悔している人の話にとても共感しました。やらなかった後悔というものが何年たっても忘れられず心の中に残り続けている。そんな言葉を見て私は後悔したくないと強く思いました。私はそのまま専門学校を卒業しました。そして海外留学をしました。

海外に留学して英語を習得しました。そしてアルバイト先のホテルに再就職しました。外国人のお客様が来ても会話ができるようになり私は好きな英語を使った仕事をしていることにやりがいを感じていました。今は結婚して退職しましたが、今度はまた英語を使った仕事に他のことで携わりたいと思っています。

そのため毎日の英語の勉強は欠かしていません。

英語はやらないとすぐに忘れてしまいます。毎日何かしら英語と関わることを怠らずに頑張っています。頑張れるのはやはり好きという気持ちがあるからだと思います。好きを仕事にすることは人生を豊かにしてくれます。